読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DRILLOOOON!!!!

だいたい1000字くらいで20歳の夏の思い出を書き溜めます。

世の中、ずるいやつばかり。

女に生まれていたらナンパされまくりの人生だったかもしれない

街中を歩いていると、キリスト教系の人に声をかけられることが多い。

 

それはもうほぼ毎回。

 

原因は多分顔。俺はたれ目なのです。

マジでこんな( ´ v`)なので、話しかけやすいんだと思う。

ティッシュもめっちゃもらえる。キャッチにもすごい狙われる。

免許合宿にも誘われるし、裸眼なのに眼鏡の度合わせに誘われたこともある。誰でもいいんかい。

 

 

今日も渋谷を歩いていたら声をかけられた。

特に急いではいなかったし、悪い人ではなさそうだったので暇つぶしにお喋りすることにした。

 

お姉さん「学生さんですか?」

俺「はい、なんですか」(この時点でもう勧誘だと気づいている)

お姉さん「何を勉強されてるんですか?」

俺「経営学です」

お姉さん「なんでその道を選んだんですか?」

俺「お金のこと知っておけば悪い大人に騙されないかも、と思って」

 

こういう普通の質問からその人の人間性について掘り下げるタイプは、たいてい「心のセミナー」みたいなよくわかんない人生論を説かれる会に連れて行かれるやつだ。

 

お姉さん「今、そういう学生生活楽しいですか?」

俺「はい!知らないことを知るのは楽しいです。」

お姉さん「なるほど。じゃあ、もっと自分のことについて知ってみませんか?」

 

きた。何人も無視されてきたであろうお姉さんの渾身の一言。

 

お姉さん「こういう方がいて〜、今まで何千人に講演していて〜云々」

デザイナーにあまりお金を払わなかったのか、素人が作ったのか、というレベルの印刷物を見せられる。それっぽい心理学の解説の図も載っていた。

 俺「すっごいですね」

お姉さん「今まで自分のことについて深く考えたことあります?」

 

俺「そりゃあもうたくさん考えてますよ」

お姉さん「…」

 

仕掛けてみた。

多分マニュアルから外れたのだろう。お姉さんが一瞬止まる。

 

お姉さん「というと、どんな風に?」

怯まずに仕掛けてくるお姉さん。

俺「延暦寺で座禅したことがあってですね」

※マジです。中学校の修学旅行で。

 

つらつらと当時の悩みや、友達がふざけていたらお坊さんがブチ切れたエピソードや比叡山からみた朝焼けの美しさについて語る俺。

初対面で、もう二度と会うことはないであろうキリスト教の人+暇

=「宗教クロストーク」

 

なかなか普段の生活ではできない会話。途中からみたら俺がお姉さんを勧誘しているように見えたかもしれない。

 

お姉さん「その年でそういうこと考えてるってすごいですね!」

仏教、流された。

 

俺「いやー意外とみんな考えてるんじゃないですかね。言わないだけで」

お姉さん「なるほどなるほど」

流された。

 

なかなか面倒くさがって解放してくれない。俺だったら街中で仏教体験の話されたら絶対「あ、もういいですありがとうございました」っていうけどな。

そこで、以前から聞いてみようと思っていたことを聞いてみた。

 

俺「お姉さんの入ってる宗派の教義って、いわゆるカトリックとかプロテスタントとどう違うんですか?」

お姉さん「興味あります!?」

 

一瞬、ギラッとした目つきになるお姉さん。怖い。

こっちから内容に突っ込んだら意外とボロが出たりするのかな、と気になっていたのである。

 

俺「僕の大学、一応カトリック系で、みんな軽〜く勉強させられるので」※マジです

お姉さん「うちの教会は○○原理っていうのを扱っていて、それは聖書の解釈がこうで〜」

お姉さん「禁断の実を食べた、っていうのは不倫のメタファーで〜」

 

ゆうに15分くらい語られた。

マジで全くついていけなかった。勧誘のお姉さんなめてた。

一生懸命説明してくれるお姉さんはいい人でした。

 

最後にもう一押しセミナーに勧誘されたので、丁重に断ってお別れしました。

暑い中ご苦労様です。

 

 

 

…なんか自分が仏教の話をしたのすごい気持ち悪いなぁ…と書き終わってから思いました…というか、本職の方に申し訳ないです。

多分キリスト教系の人に声かけられてももう二度となめてかからないです。勉強になりました。終わり。