読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DRILLOOOON!!!!

だいたい1000字くらいで20歳の夏の思い出を書き溜めます。

世の中、ずるいやつばかり。

「女性」と「とりわさ」の関係について考えていたら、強制断食生活が始まった話

始まりは斉藤和義と焼き鳥屋 先週の火曜日のことだった。 僕はある女性と新宿3丁目の某焼き鳥屋さんにいた。 ここにもちょくちょく書いていた高校時代の元カノだ。 今年の初めに成人式があって、その前日に高校の同窓会があって、斉藤和義よろしく再会したわ…

僕のたったひとつの最後の王道と脳内麻薬-鬱からの脱却-

【今週のまとめ】 僕の今週は鬱になったり突然元気になったりと忙しい週でした。特に後半の怒涛の復活はすごかったです。 周りの環境に合わせようと必死になって精神に不調をきたした9月初め。 ここはその反動で書き始めたブログですが、書いてみると意外と…

雨の空の灰色の下

【今日のミニ鬱】 昨日は夕方から、雨、降りましたね。 傘、持ってましたか。 僕は持ってませんでした。雨の秋葉原を、人生で初めて買ったLP(レコード)をかばって走っていました。 というわけで、鬱第五回は「雨の日」です。

おじさん

【今日はミニ鬱】電車内。目の前で酒盛りしてる坊主が2人。缶ビールを手に楽しそうにしてる。歳は40くらい。2人の間にコンビニ袋。2人で3席を独占している。ボロボロと食べ物をこぼしている。荷物から察するに旅行者だ。この人たちは常識とかマナーとかを髪…

18の夏、冷房の効きすぎた部屋で君を想うということ

【今日のちょい鬱】 秋葉原駅のエスカレーター(下り)で「高校生カップルの背伸びキス」を目の前で見せつけられて頭の中で青春パンクが爆音で鳴り響いてめまいがした0024です。銀杏BOYZ大好きだったなぁ。(なんか『恋仲』に峯田和伸さん出演したらしいです…

14歳のタナトス、デストルドー。

【すいません】 見事「毎日投稿」を三日目で逃しました。一日寝てたせいです。すいません。 鬱第二回は「14歳のタナトス、デストルドー」 先月やっていた仕事の関係で中高生と関わる機会の多かった0024です。 その時に立てた仮説の一つに、「14〜15歳はタナ…

器用貧乏の憂鬱: Jack of all trades and master of none.

【今週のテーマ】:鬱 今日から本格的に更新していくよ。 今週のテーマは鬱です! そして一発目の鬱記事は「器用貧乏の憂鬱」。 僕自身器用貧乏なのだけれど、まずは世の中にどれくらい器用貧乏な人がいるのかを見ていくよ。頭の中身を吐き出していこう〜